2012年05月03日

この世の深み(4)

米原を経由して大垣駅に着いた。
さぁここで乗り換えて美濃赤坂駅へ、と思ったら、次の電車まではあと1時間以上あるという。
悩んだのだが、仕方なくタクシーに乗った。2000円ちょっとだったけど、残念な出費。

美濃赤坂駅は幹線道路から離れ、ひっそりした古いまちにあった。駅にレンタサイクルがあるという情報を得ていたのに「今年はまだやってないんです。すみませんねぇ」と駅員さんに頭を下げられてしまった。
駅界隈も、赤坂の宿(しゅく)という宿場町なのだが、青墓の宿はその隣。距離はけっこうあるし、バスもないし、そうゆっくり散策できるほどの時間もない。無理だったらもう赤坂の宿だけでいいか…と半ば諦めて歩き出す。

中山道で地図を眺めて立ち止まっていたら「どこかお探しですか?」と声が聞こえた。顔を上げると白いパジェロミニの横で、愛想のよさげな男性が立っている。年の頃は40歳ぐらいか。首から名札をぶらさげて観光客に気さくに声をかけるので、てっきり観光協会の職員さんかと思った。
「青墓にある照手の水汲み井戸に行きたいのですが」と言うと、私の持っていた地図を覗き込んで首をかしげた。どうやら観光協会の方ではなさそうだ。しかしその方、「歩くと遠いですね。よかったら乗っていってください」と親切にすすめてくれた。危険かな…と一瞬思ったのだが、渡りに船だし、他に方法もないし、私より弱そうだったので乗せてもらうことにした。ありがたい。熊野権現のおはからひか。

そこから少し走ると「中山道・青墓宿」とかかれた道標が、田圃のあぜ道にぽつんと立てられていた。あたりは田圃だらけ。遊女も傀儡も夢のあと。
なんにもないにもほどがある。
が、それが逆にたまらなくよかった。他人様にすすめることはできないが、私は好きだ。
そうそう、
照手姫がいじめ抜かれて水を汲んだという井戸は、青墓小学校の横にあった。なんてことない井戸だったけどね。

DSCF3212.jpg

「他に行きたいところはありませんか」と言ってくださったので、それでは円興寺に、とお願いした。梁塵秘抄とつながりの深いお寺であるらしい。境内の階段の脇には「遊びをせんとや生まれけん」と刻まれた石碑が建てられていた。今様を現代によみがえらせた歌い手、桃山晴衣さんの筆によるものだ。「節の付いた歌は、和歌よりももっと霊力がある」と桃山さんは生前に語っているが、霊力を感じながら歌っていた彼女もやはり、巫女だったのだろう。

お世話になったKさんに駅まで送っていただき、ありがとうございましたとお礼を言った。
そして電車が来るまで小一時間、誰もいない木造駅舎でゆっくり本を読んで過ごした。そろそろ日も傾きだして、初夏のような風が駅舎をふわりと吹き抜けていく。

DSCF3227_2.jpg

ここに来て 梁塵秘抄を読むときは 金色光のさす心地する

本の最後には、北原白秋が詠んだ和歌が紹介されていた。
「ここに来て」ってどこよ?と思ったのだが、仏教的な雰囲気がするのでお寺、かな。
少なくとも美濃赤坂駅ではないだろうが、鄙びた駅のベンチで読む梁塵秘抄も味わい深い。私は凡人だし「金色光のさす心地」まではさすがに無理だな。そんなふうに思いながらふと見回せば、あたりは山吹色の夕まぐれ。


                  おわり
posted by きたうらまさこ at 15:16| 旅のおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

この世の深み(3)

京都から米原に向かう電車の中で『梁塵秘抄』を開いた。平安時代末期に後白河法皇によって編まれた今様(遊女たちが口ずさんでいた流行歌)の歌集で、じっくり読んでいると中世を生きたアウトサイダーたちの心の機微まで感じられて面白い。
後白河法皇に今様を教えたのは、中山道の宿場町・青墓の遊女、乙前(おとまえ)。後白河法皇は、すでに70歳を過ぎていた乙前を師と仰ぎ、十数年に渡って指導を受けた。ここまで熱中したら、ただのもの好きとも言えまい。

青墓は傀儡女、白拍子、遊女(歩き巫女)など、宗教性を帯びた流浪の女性芸能者たちが拠点とした宿場町。『小栗判官』の主な舞台の一つでもある。
小栗の妻、照手は青墓の地に遊女として売られてくるのだが、身を売ることを拒否して下働きの女中になる。美女のくせに客を取らないもんだから「籠で水を汲め」とか言われていじめられ、それでもめげずに働きまくる。その後、餓鬼阿弥の姿となった小栗と再会して、結局はハッピーエンドになるのだが…。(もし興味があったら検索してください)
そんなこんなで目指すは青墓、何もなくても。(調べたところ、宿場町っぽいものは何もないらしい)

電車は各駅停車でゆっくり進んでいく。
私はひたすら文字を追い、遊女たちのいる深みにぐるぐるとおりてゆく。

百日百夜(ももかももよ)は独り寝と 人の夜夫(よづま)は何せうに 欲しからず 宵より夜半まではよけれども 暁鶏(とり)鳴けば床寂し

妻のある男を待っている女が、「よその夫なんて欲しかないが明け方に鶏が鳴くころは寂しいのよ」とうたっている。これ、どんなふうにうたったんだろう。まるでケイウンスクの演歌みたい。

だがしかし、恋のうたはもう私には実感として迫ってこない。長年その手の感情から遠ざかっているので、言うてしまえば……もうわからん。90歳で再婚うんぬんと冗談でも言える女性がうらやましい。
それよりも、子を思う親の心に思わず感涙し、中年女の痛さ可笑しさにぷるぷると共感してしまう。

我が子は十余に成りぬらん 巫(かうなぎ)してこそ歩くなれ 田子の浦に潮踏むと 如何に海人集ふらん 正しとて 問ひみ問はずみなぶるらん いとをしや

「生き別れになったあの子も今12,3歳。歩き巫女になってあちこち旅しているらしいのです。田子の浦の海辺あたりを歩いているのでしょう。漁師たちが集まって、あの子の占いが当たるの当たらないの、どこから来たかなどいろいろ聞いて、年端もいかない子をなぶりものにするのでしょう。あぁ愛おしい」

この母親も歩き巫女なのだろう。自分と同じ道を歩みだした幼い娘を想い「いとをしや」とうたう心中いかばかりか、その悲しみを思うと泣けてくる。
そしてまた、容姿のおとろえを嘆く女の気持ちもまことに私はよくわかる。

鏡曇りては 我が身こそやつれける 我が身やつれては 男退(の)け引く

「この頃もうあんまり鏡見たくないし、見たくないから磨かないし、そしたら鏡も曇るしっていう悪循環で老けてったら、そりゃ男もびびって逃げるわよね」

月も月 立つ月ごとに若きかな つくづく老いをする我が身 何なるらむ

「月は新月になるたびに若くなるのに、それにくらべてアタシは老けるばっかり。なんなのよ、これ」

間違ってるかもしれないが、だいたいこんな感じでしょう。何なるらむ、とふて腐れて言い切るそのキモチ、私もわかります。遊女たちの表現力が磨かれたのは、それだけ生々しく生きていたからかな。
今様にひたってボケていたら、電車は米原についていた。乗り換えねば。はっと気がついて荷物をまとめて飛びおりる。向かいのホームへの階段を慌ててのぼったら、ハンカチやらペットボトルやら本やら派手にばらまいてしまった。如何にせん。




posted by きたうらまさこ at 10:32| 旅のおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

この世の深み(2)

六道の辻から鴨川を渡って五条に着いた。
高瀬川に沿って歩くと、桃色のハナミズキが満開で華やかだ。
遊郭があった地域は「五条楽園」と言われ、つい最近まで数カ所に大きな看板があげられていたそうだが今はない。一昨年に売春防止法で摘発されてから、お茶屋や置屋は営業されていないようだが、遊郭の名残を残す建物はいくつか残っている。

DSCF3205.jpg


春の陽射しを浴びたまちは明るくて、写真を撮るのをためらうような雰囲気は少しもなかった。ここは空き家のようだったしね。
散策をしていると、花街の一角に空き地があった。駐車場になっていたが、かつては建物があったのだろう。その真ん中に、一羽のアオサギが首を伸ばしてすくっと立っていた。

DSCF3206_2.jpg


この場合、遊女の生まれ変わりってことで、いいですよね? 
アオサギの姿になってかつての職場に舞い戻ってきたのだと思う。何だか物思いにふけっていたみたいだったし…。時空を超えた彼女の回想に、私も密かに思いを馳せる。

そこから京都駅までは歩いて15分ぐらい。
駅で友人と別れ、次の目的地である岐阜行きの電車を待っていた。歩き疲れたのでホームのベンチに腰かけると、老婆が一人、押し車をついてやってきた。
「ちょっとごめんなさいね、ワタシもう90歳だから荷物と一緒なの。ここへ座らせてもらいますよ」
そう言って私の隣に腰掛けた。いや、正確に言うと私の隣にはすでに見知らぬ女性が座っており、老婆が腰掛けたのは、椅子と椅子の間にある荷物を置く台の部分だった。

私も隣の女性もはじかれたように立ち上がり「そ、そんな…、どうぞこちらに座ってください」と席を譲ろうとしたのだが老婆は動かない。そして「ええんです。大正生まれの90歳なんて荷物と一緒」とがんとして繰り返す。
お年寄りを荷物と一緒とは思わんが、そうまで言うなら好きにしてもらえばいい。他にベンチもあいているのにここを選んでいるのだから、そういう趣味なんだろう。私も隣の女性もきょとんとしながら元の位置に着席。微妙に近い距離で少々気まずく3人並ぶ。
ちらっと横目で見ると、カラフルなブラウスにピンクの口紅、しゃんと伸びた背筋が若々しくてなかなかチャーミングなおばあちゃんだ。

「90歳にはとても見えないですね、お若いですね」と私が言うと「あらそぉお? ワタシ再婚できる?」と上機嫌でおっしゃる。へっ?と心で発し、あいまいに笑ってごまかしていると、目の前に電車がやってきた。女性専用車両だ。
老婆はその車両を指さしてこう言った。
「あんなの嫌よねぇ、女性専用なんてね。ワタシ、男はんが乗ってはる電車にしか乗りたくないわ」
その時、私の頭の中にさっき見た五条楽園の遊郭と、りんと立つアオサギの姿が一瞬浮かんで消えた。「なんで?」と思った瞬間、岐阜へ向かう電車がきたので、お先に失礼しますと言って立ち去ったのだが…。


posted by きたうらまさこ at 22:02| 旅のおはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。