2012年11月25日

縄文世界

CCF20121125_00000.jpg

少し前のこと、友人と大阪府立弥生文化博物館に行ってきた。
目当ては秋季特別展「縄文の世界像 八ヶ岳山麓の恵み」
この博物館は環濠集落である池上曽根遺跡の地に建てられている。常設展示のテーマはもちろん弥生時代。
はやる気持ちをぐっと押さえて、まずは弥生時代の展示室をぐるっとみてまわった。

「弥生式土器って、機能的すぎてつまらないね」
「まぁ今でいうなら百均の食器みたいなもんでしょか」

などと言い合って、いそいそと縄文エリアへ。

く……言葉も出ない。
どうなの、この想像力!縄文人って、過剰。
土器の把手がヘビの頭だったり(ペニスをあらわしているとか)、かえると人間が融合してたり、目玉がひとつだけ土器にくっついてたり…。どれだけ自由な世界観、死生観の中で、生きていたのだろうかと思う。

私が最も心を奪われたのが、「蛇体頭髪土偶」なのだが、こんなのナマで見たら魂がぬけていきそうになる。
のっぺりした顔につり上がった目、頭にはとぐろを巻いた蛇、左目からは涙、背中には星の文様。
とある学者さんの解釈によると、顔は月をあらわし、涙は不死の水、顔は水をためる容器でもあり、頭の蛇は月の水を容器から飲んでいる。左目だけに涙が流れて顔が左右非対称なのは、月の満ち欠けをあらわし、死と再生を意味する。要するにこれは月の女神、であるという。

縄文人に聞いた?と思うが、こういうのは文学的感性の領域なのかもしれない。
そういえば、これまで私がかいま見た数名の考古学者さんは、ちょっと浮き世離れした芸術家タイプの魅力的な方たちだった。アーティスティックな感性が古代と共鳴して、考古学の道に進まれたのかな、と思う。

昨日の午後、本棚を整理していたら、藤森栄一さんの『かもしかみち』が出てきた。あらっ、と思って再読。
藤森栄一さんは縄文農耕論を提唱した在野の考古学者で、特別展の会場でも、大きなパネル写真と共に紹介されていた。アニメ「となりのトトロ」で、サツキとメイのパパ(考古学者)のモデルになった、とも言われる。

『かもしかみち』の文章は、それはそれは味わい深いもので、私は何度もはっとして、そしてため息をつく。
さすが、まぼろしの名著。
書き出しのエピソードもあまりに面白すぎて、夢に出てきそうだ。とてもいい本。

CCF20121125_00001.jpg



posted by きたうらまさこ at 17:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。