2011年10月24日

2011子ども歌舞伎と芸能発表会

CCF20111024_00000_2.jpg

またしても、行ってきました二川歌舞伎。
有田川町二川(ふたがわ)地区住民による、年に一度の芸能発表会だ。
座布団つんで山道を飛ばして、この数年で3回は行っている。
自分でも酔狂な趣味だなぁと思うのだが、これはちょっとやめられない感じかも。

会場は小さな集落の中にある小学校の体育館なんだが、今年も例によって満員御礼。
校長先生の挨拶の後、最初の出し物はもちろん子ども歌舞伎である。
全校児童19名が、三味線、鼓などの楽器を奏でたり、姫やら鶴やらを演じたり、黒子に扮しておひねりを回収したりするわけ。

DSCF2295.jpg

みんな堂々としたもので、かなり練習したことがわかる。
今年もおひねり飛ぶ飛ぶ。
客席のあちこちから「じょうずっ!」と声がかかる。「あれ、かえらしの〜」とため息がもれる。
指導をした大人たちは、演技の見事さに感極まって舞台の袖で涙したとか。

さて、ここからもお楽しみ。
足をくずして私は待つ。
出てきた、出てきた。
民謡クラブのおばちゃんが「隅田恋しゃ」と踊れば、翁が登場して詩吟をうなる。
「おじい様(90歳ぐらい)、今年もお元気でよかったわぁ」とほっとする。
でも、前回は立っておられたのだが、今年は「腰が悪いんで座らせてもらいます」とのこと。
ちょっと心配したけど、声は溌剌としていたので、再びほっとする。拍手拍手!!

出た!コスモス。

DSCF2303.jpg

30代〜40代ぐらいの主婦たちのグループは、その名をコスモスという。
派手でキュートなダンスはいつも大人気。会場の盛り上がりも相当なものだ。
今年の曲はSMAPの「オリジナルスマイル」。
おひねり飛ぶ飛ぶ。ここまでやったら、そりゃ飛びます。

その後も、父兄の皆さんによるダンス「マルマルモリモリ」、
お父さんが出てきて松山千春の歌をひしっと熱唱、などなど。
「今年は東日本大震災もあって大変な年でした。みんなで、”ふるさと”を歌いましょう」と校長先生が滝廉太郎役で指揮棒をふり、舞台と客席みんなで大合唱する場面もあって、何やら胸が熱くなる。

最後はお決まりの(っていうか全部お決まりなんだが)お芝居で、今年の演目は「瞼の母」(演目は毎年かわる)
娘が母に向かって「おっかさん、お金や家柄が何よ、そんなものより大切なのは血の通った親子の情けじゃぁないの」と可愛らしい声で訴え、母親役の白塗りのおじさんがよよっと泣き崩れる。拍手喝采おひねりおひねり!!

DSCF2312.jpg

あぁ、何この熱気。
よそ者ながら私は本当に感動する、っていうか、単純に面白いんである。おかしくておかしくてたまらん。
伝統芸能を見せるだけではなく、時代に合った娯楽性もきちんと追求しているから面白い。
皆さんのその心意気に惚れるし、その心意気がないと伝統そのものも廃れてしまうと思う。
歌舞伎の形式だけを保存するのではなく、地域全体で楽しむことを大切にしている人たちが多くいて、その結果、伝統の歌舞伎と、それを育んだ精神文化が守られている、という好例ではなかろうか。

帰路、車で生石山を越えながら毎回あれこれ思うんだが、今回もいろいろと考えてしまった。
二川地区の皆さんは、これで「町おこし」なんてちっとも考えていないもよう。
無心にやってる表現活動ほど、人を感動させるものはないのだ。たぶん。
いずれにしても、二川に学ぶべきところは多いのである。

前回の記事は以下です。
http://pasaran.seesaa.net/article/108705462.html


posted by きたうらまさこ at 16:42| 紀伊半島 書き歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

最後の例祭

さっき、摘果みかんをジュースにして飲むとおいしい、というたいへん有意義な記事を書いたのだが、突然パソコンがフリーズしたために消えた。無念。

一気に脱力してネットでニュースなど読んでいたら、こんな記事を発見した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111009/dst11100920100017-n1.htm

台風の被害で、廃村…。
来月、集落の神社で最後の例祭を営むのだとか。
氏神様は、土地での暮らしを守ってはくれなかったけれど、人は神様を恨まない。

ここまで書いてぼんやりしていたら、ふと、思い出したことがある。

少し前、友人に聞いた話なんだが。
山間部で町おこしの活動をされている方が「土地の神さんが喜ぶか?」ということを活動の判断基準にされているとか。

自分に置き換えて考えてみると、いろいろと腑に落ちることがあるし、もろもろ方向も見えてくるし、不安も薄れる。

人間は土地のカミを裏切ってはいけない、という事を震災以降とくに強く思うので。


写真は「にこにこのうえん」さんがおまけに付けてくれた摘果みかん。
農業や漁業の近くで暮らすことも、大事なことだと思う。
自分が暮らす土地の食べ物を、ありがたく食べ続けること。

DSCF2274_2.jpg


posted by きたうらまさこ at 15:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。