2009年10月14日

● 老人数珠つなぎ

なぜか私のまわりには老人が多くて、年寄りてんこ盛り状態なんだが、今日もまた新たな出会いがあった。

必要があって市内のあちこちを撮影にまわっていたんだが、夕方近くに和歌浦の観海閣(海上の楼閣)を撮っていたら向こうからジャージ姿の初老の男性が手招きをしているのが見えた。「うわっ、また爺ちゃんだ…」と思いながら近づいていって「はぃ?」と聞くと、「ここから撮る方がよろしいで」とおっしゃる。散歩中の近所の方、のようだ。

堤防の切れ目には人が一人だけ入れるスペースがあり、実は私もそのポイントがいいだろうと気付いていたのだが、その方が陣取っていたから近寄りにくかったんである。
場所をあけてくれたので御礼を言ってそこに立つと、たしかにいいアングル。
「ほんと、いいですね♪」とちょっとオーバーに喜んでみたりして。
すると「この堤防の上に立ったらもっとええで」とすすめるので、上らなしゃーない事になってよじ上る。怖いんですけど。

レンズを覗いて「あ、ほんとですね〜」とさらに喜ぶと、
「縦も1枚撮っときなぁ。水面に映る影がええんや」
「あ、はい。きれいですね〜」

と、撮影したのがコレ。横の方がええやん。

IMG_2497.jpg

爺ちゃんは、カメラが趣味で自分のブログも持っているらしい。
「見てよ」と言ってくれたので、URLを聞かないわけにもいかなくなってメモとボールペンを渡した。(まだ見てない)
私の名前も聞かれたので一応、名乗ると「またカメラ談義でもしましょう」とにこにこ顔。
「はい、ありがとうございます〜」と笑顔で答えつつ「私カメラ嫌いなんやけど。仕方なく撮ってるだけなんやけど」と腹の底でほざく。

ちょっと面白い出会いだったし、おかげさまでまぁまぁな写真が撮れて良かった。
毎回こんなタイミングで指導者が現れたら、撮影も楽なんだけどな。

ところで…、
うっかりしていた。
今年の「阿尾のクエ祭り」は何日だっけ?と思って検索したら、終わってた。
1年って早い。
このペースで時が過ぎると、私もあっという間に老人になることだろう。

ちなみに「二川の子ども歌舞伎」は10月24日の土曜日の夜らしい。
二川の大旦那がメールをくれたので、行くつもり。
今年は一人で行くことになると思うし、ついでに温泉にでも入って楽しんでこよう。

昨年の記事はこちらです。
http://pasaran.seesaa.net/article/108705462.html


posted by きたうらまさこ at 00:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。